鬼滅の刃

敵方である『鬼』については、身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多いが、その一方で不死性をコミカルに描くような側面もある。また、主人公の炭治郎をはじめとする人間たちもシリアスとコメディの両側面が描かれている。

登場人物の名前は創作のほか、「奇抜に見えるが実在する」姓名が多用されている。
5